「光と影」「光と闇」


「光と影」ハンター最終試験でイルミとキルアが対峙した時のタイトルですがこれは光をゴン影をキルアに例えたものなのでしょうが今思うとこれはゾルディック家においてはキルアとイルミの立場にも言えそうな気がします。
何故かというとキルアはゾルディック家の跡取り。家族の注目を浴びていたのがキルア。使用人達にも好かれている。イルミが使用人に嫌われているわけではないだろうが子供という事もありキルアの方が親しまれ易いだろう。そしてイルミはキルアの教育係、バックボーンである。キルアの当たる光の影にはイルミがいてキルアの闇はイルミが作る。「光と闇」というタイトルはキルアの識域下の深層心理を表したものかもしれない。
 しかしそれも過去の事となりつつある。針は抜かれ、子供は成長し独立するのだ。
閉じる
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー